« 228.d-a-u-g-h-t-e-rを1分で完璧に覚えたふたり | トップページ | 230.大人に、従わなければならない子どもたち »

229.ときどき、どんぐり学舎へ

日々、新教室関連の木工事に勤しむ泉です

手は小さな傷と落としきれない塗料まみれ

先日、PTAの集まりがあり、周囲のお母様みなさんの手の美しさにほれぼれ

我ながら、女性らしさのかけらもない日々に笑ってしまうほどです…

 

午前中はデスクワーク、日々、教材作成と通信添削のため、書斎にいるようにしています

午後は庭に木工事へ

鶏を放牧させながら、ひとり黙々と作業しています

鶏のひな鳥は、私のそばでじゃれ合ったり、ケンカしたり、草や虫をついばんだり、

そして、気づくと、私の近くで3羽揃って昼寝

まるで、赤ん坊を育てながら仕事をしていた頃のよう

ずっと構っていてあげられず、仕事や家事に追われているのですが、

ずっと私が見える範囲にいて、好きなように過ごし、安心して眠っていたあの頃

 

今日は雨が降りそうな空模様ですが…焦らず、たまには休む日も必要でしょうか

 

さて、

「ときどき・どんぐり学舎へ」

 

時々寄せられるご要望、

「毎週は通えないけど、続けて通いたい」

「1ヶ月に1回でいいから通いたい」

などという声を、どうにかして実現させよう、と

マネージャー(夫)との相談の上、

単発で授業に参加できる制度を作ります

 

月単位で通っている生徒さんとのバランスも考え、

1回(50分)につき、2500円で参加していただけます

50分間で、塾生さんは1問~3問ほどどんぐり問題に挑戦しています

何問添削できるかは、生徒さんが何問どんな風に挑戦できるか、によりますが、

大切なのは問題数よりも、どんぐり教室で一緒に問題を解く経験と、

実際に私が一緒に見る、という状態かと思います

 

ご希望の曜日に空席があれば、2週間に1日でも、1ヶ月に1日でも、2ヶ月に1日でも、

お好きな時に来ていただけます

授業曜日と時間割はホームページを御覧になってみてください

 

ご希望の方は、ぜひ、どんぐり学舎へお問い合わせください

 

izumi@donguri-gakusya.jp

donguri-gakusya@nifty.com

 

ときどき・どんぐり学舎へ

のお知らせでした

《2018年 5月23日投稿》

« 228.d-a-u-g-h-t-e-rを1分で完璧に覚えたふたり | トップページ | 230.大人に、従わなければならない子どもたち »

小学生のこと」カテゴリの記事