« 56.才能を伸ばすとは ~習い事について | トップページ | 58.自然なお産、自然な学習 »

57.大雪のあと

先週末、わたしの町にも大雪が積もりました

みなさんの町にも積もりましたか?

 

土曜日の、雪がどしどし降っている最中から

我が子たちは庭に出て大はしゃぎ

スキーウェアとスキー用の手袋を出してやり、

お風呂を沸かしてわたしは家事をしていましたが

暗くなるまで好き放題、庭で遊んでいました

日曜日の朝、わたしよりも早く起き出したわが子たちはまた

スキーウェアを着込んで晴れた積雪30㎝の庭に飛び出していました

かまくらを作ったり、雪の壁の通路を作ったり、冷蔵庫を作ったり…

嬉しくて嬉しくて動物のようにはね回っている子どもたち

普段あまりお目にかからないご近所の方と声をかけあいながら

明日の通勤や通学を案じて周辺の雪かきに汗を流す親のわたしたち

雪国ではないこの町に積もった大雪のおかげで、

なんだか非日常の特別な空間と時間を与えられたのでした

 

月曜日、道路の雪はだいぶ片付いていましたが

きっと校庭には雪がたくさん残っていることでしょう

わたしはスキー用の手袋と替えの靴下を持っていくように言いました

保育園時代から、「雪が積もったら持っていく」とわかっているわが子たち

「わかってるってー!」とにこにこで、袋をぶら下げて登校していきました

(用意がいいねえ!!と先生にはびっくりされたようですが)

 

夕方、帰宅すると「やっぱり雪遊びだった~!」と

濡れた手袋を見せながら嬉しそうに報告してくれました

学校でも「非日常」な時間割が自然と組まれたようで、

こんなに積もった大雪をよそに、いつも通りのカリキュラムで変更なし!なんていう

野暮なことはなかったようで安心しました

 

その後、生徒たちがどんぐり学舎へやってきました

「学校で雪遊びした?」

方々の小学校から集まるのでみんな違う学校なのですが

やはりどこの小学校も雪遊びはしたようでした

大雪の威力はすごい!と思いました

だって、授業をつぶして遊んじゃうんですよ!?

素敵なことです!

みなさんのお子さんの学校ではいかがでしたか?

 

みんな口々に、何をして遊んだか話してくれました

それからオリンピックの話などしたりしながら銘々自分の好きな感覚で

どんぐり問題に取りかかっていったのですが…

当たり前と言えば当たり前、

不思議と言えば不思議な現象がそのあと起こったのです

 

ほとんどの子が、いつもより細かく、正確な絵図を描いていました

ほとんどの子が、いつもよりも粘り強く思考していました

ほとんどの子が、楽しそうに問題に向かっていました

 

いつもは「まずリセット」というのが大変なのです

学校で、宿題で、大量の計算や漢字練習などをしてきたり、

「(塾があるのに)遅い!」とお母さんに叱られたりしながら

仏頂面でやってきます

子供の頭脳はその時点では生き生きとしているはずもありません

お魚でいえば漁船の中や港でワタを抜かれて冷凍されたような状態です

生けすで生き生きと泳いでいる魚とは鮮度が違います

(あら、たとえが不適切かな…)

どんぐり学舎の、自由にどうぞ、自分のペースでどうぞ、なんてことがまだ定着しない

(そういうことを定着、って変ですけど、それくらい子どもたちは管理されているのです)

それなのに、週末はたぶんいろいろな習い事や用事が中止になり、

親御さんと家にいたり雪遊びをしたり、のんびり、のんびり…

週あけて月曜になっても学校は雪のために変則的な時間割に…

「たっぷり、好きなように動いてきた」

というだけで、こんなに違うんだな~と

大雪のおかげで実感することになりました

 

子どもは好きなように動きたいのです

それも自然の中で遊びたいのです

雪は…土や泥や水も同じですが

無限の遊び相手です

思い通りにはなかなかなりませんが

あらゆる遊び方を思いつくことができる永遠の友達です

そのかわり自分の手は汚れます、濡れます、冷たくなります

それでも子どもは放っておけば飽きもせず、寒がることもなく

いつまでも遊び続けます

自分の手や足を自由に動かし、

その無限の変形を目で見て、

また工夫して、ひたすら遊ぶのです

 

もう泥遊びなんかしなくなってしまった高学年の子でも

雪遊びには没頭したようでした

でも、寒がらずいつまでも(止めるまで)遊んでいるのは、

やはり幼少期に自由に泥遊びや水遊びをしてきた子なのかもしれません

とてもとても、大事なことです

 

同じ遊びで比較しても

テレビやゲームはもちろんのこと、

トランプやカードゲームでさえ、これらの自然遊びとは違います

 

同じ体を動かすことで比較しても

習い事のスポーツとは比較になりません

 

子どもは、もっと自由に動きたいのです

ルールや指導者なしで、自由に遊びたいのです

そしてそれが柔軟な思考と粘り強さとたくましい精神力につながります

 

子どもから自由を奪い、

型にはめてパターン学習のトレーニングをすることに

何の意味があるのでしょう

何の効果があるのでしょう

庭に残る大雪の残骸に、心から感謝をしつつ思ったのでした

《2014年 2月12日投稿》

« 56.才能を伸ばすとは ~習い事について | トップページ | 58.自然なお産、自然な学習 »

子どもとの暮らしの中で」カテゴリの記事